So-net無料ブログ作成
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

阪神巨人戦 メッセンジャー×梅野の自滅が招いた失速 [スポーツ]

こんばんは。

いやぁ、虎党としては、本当に昨日の試合は勝たなければ、いけなかった試合。。。
それだけに、4回の攻防は本当に頂けなかった。。

messenger.jpg

巨人杉内投手、阪神メッセンジャー投手の投手戦を期待していただけに、
本当にショックだった。

立ち上がりは、坂本選手の見事なHRで先制したものの、決して状態は悪くなかった。
序盤の失投は、坂本選手に運ばれた抜けたカーブのみ。あとは制球力・球威ともに
万全だったと思いました。

方や、杉内投手はどうかというと、3回まではパーフェクトピッチ。
一見してすごい調子がいい様に思えますが、状態は良くないと思いました。
というのも、持ち前の球持ちが良くなく、抜ける玉が多かったためです。

ノーヒッターをした年とは明らかに、ピッチングは衰退していますね。

なので、序盤2点のビハインドであれば、はやければ2巡目にも捕らえる状態でした。
実際に、2点返しましたからね。

ただ、本当にがっかりしてしまったのは、4回の無死1塁の場面。バッター阿部選手。
ここで、梅野捕手のリードが急に消極的になってしまいました。

確かに投手戦ならば、ノーアウトのランナーを出してはいけないという気持ちはわかります。
しかし、坂本選手に打たれたのは、インハイのストレート。本当にラッキーヒットだったんです。
これがフォアボールとかですと、もっと良くないのですが…。

梅野捕手は、ランナー警戒するあまりに、不用意なフォアボール。打率2割5分の選手に与えたフォアボールです。慎重にワンナウト取ればよかった。引っ掛けてくれれば、もしかしたらゲッツーもあった場面。バッター集中で攻めるべきでした。

フォアボールはピッチャーが一番嫌がるもの。

簡単に無死1・2塁にしてしまい、その後はもうメッセの緊張も梅野の頭の中も切れてしまってました。

なぜ、あの場面で間をとらなかったのか?

チームが連敗しているならなおのこと、もう後がないチームにとって「しょうがない…」ではすまない状況です。

まだ、残り19試合あります!
ここで弱気になるな!!

今日の奮起に期待しております。
それでは。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。